事業主様向けの届書様式が変更 平成30 年3 月5 日から

平成30年3月5日から社会保険の届書様式が変更になりました

社会保険の手続きでこれまで基礎年金番号で行っていた手続きをマイナンバーで行えるようになり、

いくつかの用紙が新しく変更になりました。(基礎年金番号でも届出は可能です)

マイナンバー(個人番号)でどう変わる?

年金分野でマイナンバー制度が導入される事により、どのように変わるのでしょうか?

 年金はカード1枚で本人確認から記録照会までスムーズに対応が可能となる

 住所変更届・氏名変更届は個人番号と基礎年金番号が紐付いている人については、日本年金機構への届出を省略できる

 これまで受給権者のみに実施していた死亡届の届出省略について、国民年金第1号及び第3号被保険者もマイナンバーと基礎年金番号が紐付いている人については届出を省略できる

 マイナンバーは個人だけでなく会社にも法人番号が振り出されています。以前より会社は社員のマイナンバーを税務署に提出しているので、すでに法人番号に従業員個人番号が繋がっています。これに更に社会保険が紐づけされる(=繋がる)と、被扶養者の年収などの確認作業(非課税証明や給与明細の提出)が不要となります。従業員の側からすると、配偶者や子などもパートやアルバイトの年収をきっちり把握されるという事になります。

 

併せてこちらもご参照ください→年金Q&A(マイナンバー)

 

電子申請について

電子申請も新ヴァージョンになりました。Ver.17.00

古いヴァージョンの届出書を電子申請で添付すると差し戻されますのでご注意ください。

社会保険の電子申請は添付物が届出書が他にある場合は、労働保険と違い少々複雑です。

添付書類は証明が必要なものと不要なものとがあり、電子証明が必要なものをステップ4で添付すると

差し戻されてしまいます。

社会保険の電子申請は、*問い合わせでも丁寧に教えて貰えます。

添付間違いで差し戻しを避けるには、JUST PDFというソフトでまとめて1つにして添付すると便利ですよ。

*この問い合わせ先はあくまでも電子申請の操作に関しての番号になります。

届出の内容そのものについては、日本年機構、健康保険協会へ問い合わせて下さい。

Follow me!