年次有給休暇の付与日数




年次有給休暇とは

 

吉之介
今回は「有給休暇」について何回かに分けてお話したいと思います!

 

 

モトちゃん
有休のお休み、わたしが務めていた会社では取りずらい雰囲気だったな~。病気の時ぐらいしか使わせてもらえなかった…

 

吉之介
モトちゃん!有給休暇っていうのは、労働基準法できちんと定められてる働く人の権利なんだよ!ちゃんと勤務した人に対して「有給=賃金が出る休暇」でゆっくりしてね!という意味合いの休みの事なんだ!会社が与えないとか、取っちゃいけない、とか言ってはいけないんだよ。少し詳しく見ていこうね☆

 

どんな人が有給休暇がもらえるの?

① 6カ月継続して勤務していること

➡ 試用期間も入ります!

 

② 出勤しなければならない労働日の8割以上出勤していること

➡ 業務が原因で病気になって療養している期間・産前産後・育児介護休業法による休業・有給休暇を取得した日などはこの8割の中に含めます

➡ ストライキによる休み・自己の都合による休業・私傷病による休業・慶弔や生理休暇などは8割には入りません

 

有給休暇は何日もらえるの?

 

通常の労働者の有給休暇日数

・6カ月継続勤務+8割以上の出勤で、6カ月目から下記の表の日数がもらえます

 

~こちらの図は厚生労働省のパンフレットより抜粋~

 

*勤めて半年目に10日(4/1入社なら10/1に+10日)、それ以降は1年経つごとに+11日、+12日、3年6カ月目からは+14日…

6年6カ月目で20日となり、それ以降は+20日です。

 

パートなどの短時間労働者の有給休暇日数

・週に働く日数が4日以下+週の労働時間が30時間未満で働いている人の付与日数

(もちろん6カ月継続勤務+8割以上の出勤は同じです)

 

~こちらの図は厚生労働省のパンフレットより抜粋~

 

吉之介
シフト制で働いているパートさんなどは、最初の半年が経った時に「上記表のどこを見るの?」と疑問に思われますよね。。。

その場合は、最初の半年間出勤した労働日数の合計×2=1年間の労働日数の概算を出して、※の1年間の所定労働日数に当てはめて下さい。

 

例:最初の半年間の出勤日数の合計52日 ➡ 52日×2倍=104日(1年間の概算)➡ 73~120日の欄に当てはめて3日の有給

もし1年経った時点で大幅に誤差があった時には、+-の調整をして下さい。(会社担当さんが)

 

有給休暇って無制限にもらえるの?

吉之介
実は有給休暇は、使わないでそのままにしていると法律による決まりで、消滅してしまいます!(これを時効消滅といいます)

 

刑事ドラマなどで、「時効」という言葉は聞いた事があるかと思いますが

有給休暇にもこの「時効」が関係してきます。

有給休暇の時効は2年。2年経つと、取らなかった有給休暇は無くなってしまいます。

 

 

図の説明(通常の労働者のケースです)

① 入社から半年目(2010/10/1)にまず10日の有給休暇が発生します。

② そこから1年目(入社から1年半目・2011/10/1)に更に+11日

最初の10日を全く使用していなければ合計で21日の有給休暇があります。

③ さらに1年経った2012/10/1には+12日の有給休暇は発生

この時点で最初の①での10日は時効で消滅。②11日+③12日で合計は23日となります。

以降このように消滅しながら年数を重ねていくと、有給は20日が上限なので×2年で40日がMAXという事になります。

 

吉之介
この2年の時効を5年に延ばそう!という動きもあるようですが、そうなったら最高で100日になりますね。。。(すごい)

 

 

モトちゃん
ねえ吉さん、有給休暇って自分が取りたい時に自由に取ってもいいものなの?

 

吉之介
基本はそうなんだけど、ものすごく忙しい時期に社員が一斉に有給休暇を取ってしまったら、会社は大変だよね?そんな時の為に会社は「時季指定権」と「時季変更権」というものを使うことが出来るんだよ!次回はこの2つと、有給休暇の取り方や有給休暇中の賃金について話すよ!

 




Follow me!