賃金計算の端数処理の取扱い~30分未満は切り捨てOK?~




労働時間の合計の端数って切り捨ててもいいの?

 

・勤務先では朝9時始業の15分前には出社して制服に着替えて掃除をすることになっているんだけど、労働時間は9時からしかカウントされない。でもこれってどこの会社も同じだよね…

 

・うちの会社はタイムカードが無くて手書き。記入はきっかりの時間でしか書くのが許されてない…17時25分に終わったとしても、記入できるのは17時まで。

 

…などなど、皆さんも働きながら労働時間について疑問に思ったことはありませんか?

 

 

モトちゃん
吉さん!私のパート先では毎日15分未満の労働時間はカットされてるの。1カ月にすると結構な労働時間になると思うんだけど…

 

吉之介
毎日少しづつ労働した時間がカットされてるんだね?それは本当はやってはいけないんだよ!今日は一緒に、労働時間について考えてみようか

 

 

 

吉之介
と言うわけで今回は、吉之介も誤解していた「労働時間の端数処理」についてお話したいと思います!

 

そもそも労働時間って会社が自由に決めていいの?

 

吉之介
もちろん、会社は働いて欲しい時間を決めて労働者を募集するわけですが、勝手に決めて良い訳ではなく、労働時間の上限が法律で定められています☆

 

 

法律で決められている労働時間

➡ 原則として1日に8時間・1週間に40時間(休憩時間は除く)

➡ 労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩が必要

➡ 少なくとも毎週1日の休日か4週間を通じて4日以上の休日が必要

参考 ➡ 労働時間について(厚生労働省HP)

 

 

モトちゃん
え…私正社員だった時には毎日1~2時間が残業があって、1日8時間週40時間は超えていたけど…

 

 

吉之介
そうだよね、普通に残業があるよね。この労働時間は「原則」なんだよ。「時間外協定(36協定)」という書面を監督署に届出れば、この決まりの時間を超えて残業させることが出来るんだよ。もちろんこの36協定にも上限があるんだけど、その話は今回は割愛するよ。

 

吉之介
労働時間の決まりが分かったところで、話を元に戻します。では1カ月の労働時間や残業時間の集計の時、総労働時間の端数処理はしてもよいのでしょうか?

 

労働時間・残業時間の端数処理について

➡ 労働時間は1分でも労働の対価となりますので、端数の切り捨て処理は認められていません。
1分単位で計算して支給しなければなりません。

ただし、「1か月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること」については、労働基準法違反として取り扱わない)という通達が出ています。(昭和63.3.4基発第150号)

 

この赤枠で囲んだ部分の解釈は、あくまでも「時間外労働」部分、1日8時間を超える残業(法定外残業と言います)時間についてだけです。いわゆる25%増しになる部分です。

8時間未満の法廷内残業の部分には当てはまりませんので注意が必要です。

 

➡ 例えば1日4時間のパート労働者の場合、1カ月の労働時間の合計が60時間25分となった場合には

25分部分をカットする事は出来ません。きっちり支払う必要があります。

 

 

モトちゃん
え…じゃあ1日8時間(休憩時間を除く)を超えた30分未満の労働時間を毎日切り捨てるのもダメなのよね?

 

 

吉之介
そうだよ。あくまでも月の合計の労働時間に対しての話だから、日々の労働時間を切り捨てることも当然違法になるんだよ!

 

 

吉之介
注意点がもう1つあります。

この端数処理は、必ず「30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げる」ことがセットになります!

ある月は29分を切り捨てるけれど、ある月は30分を1時間として取り扱う、という「不利な時もあるけど有利な時もあるよ」という残業を計算するときの簡便性を認めただけの通達なのです!

 

➡ では、冒頭の「15分前に出社して着替えたり掃除する時間」はどうなるのでしょうか。

そうです。これも労働時間になります。

この「始業までの時間」や「休憩時間のちょっとした雑務」が労働時間になるのかどうかは、「使用者の監督下にあるのか、使用者の指示によるものなのか否か」で判断されます。裁判例が多くありますので、詳細に知りたい方はお調べ下さい。

 

もしも違法のまま切り捨てを続けていたら・・・?

もしも1日8時間未満のパート労働者の30分未満の切り捨てを続けていた場合、

月に20分×2年(賃金は2年分までさかもぼって請求出来ます)=480分(8時間)×時給1000円なら8000円。

100人のパートさんを抱えていたら80万にもなってしまいます。

正社員へのサービス残業などもそうですが、後々監督署の是正勧告が入ってから2年分の不払い賃金を支払うのは事業所規模によっては大変な額となってしまうのです。

労働時間が容易に把握できる人数の事業所の場合には、きちんと時間から時間まで分単位で計算するのが法律違反にならないベストな方法ではないでしょうか。。。




Follow me!