平成31年度保険料改定率




 

平成31年度(2019年)労災保険料率

 

・労災保険料率は3年に一度の改定(4月に変更)

・平成30年4月1日に改正済みのため、今年度は改定なし

 

 

 

吉之介
労災保険は会社が100%負担する保険なので、従業員の負担はありません!

会社が1年に1回「年度更新」という手続きで労働局又は労働基準監督署に納める形を取ります☆

 

 

 

平成31年度(2019年)雇用保険料率

 

・毎年4月に変更

今年度は変更なし

 

 

 

吉之介
会社は「従業員全員の賃金総額×6/1000 」を労災保険料と一緒に「年度更新」という手続きで労働局又は労働基準監督署へ納めます!

従業員は、毎月の給与総額×3/1000(一般の事業の場合)が天引きとなります☆(給与額によって毎月変動)

 

 

高年齢労働者の雇用保険料免除

・年度当初(4/1)に満65歳以上の雇用保険加入者は、保険料が会社・本人共に免除になります

平成31年度までに経過措置なので、2020/3/31でこの制度は終了となります

 

・免除になるのは以下の人です

①平成30年度確定保険料…昭和29年4月1日以前に生まれた人

②平成31年度概算保険料…昭和30年4月1日までに生まれた人

 

※短期雇用特例被保険者・日雇労働被保険者は免除対象年齢であっても免除されません

 

 

平成31年度(2019年)健康保険料率

 

・毎年3月分(4月納付分)から変更

今年度は都道府県によって変更ありと無し(新しい表が下記HPにUPされています)

・引き上げ 22道府県
・引き下げ 18県
・据え置き 7都県

・都道府県ごとに保険料率は異なる

・協会けんぽ ➡ 標準報酬月額表

 

 

下記は埼玉県の標準報酬月額表↓

 

 

吉之介
健康保険料は、会社と従業員とで折半負担します!

固定の基本給や手当が変わらない限り1年間同じ保険料です。(毎月の給与額で保険料は変動しない・雇用保険と違うので注意)

毎年1回「算定基礎」手続きで、4.5.6月の給与を基に1年間の保険料が決定します☆

 

 

 

平成31年度(2019年)厚生年金保険料率

 

・毎年9月に変更

ただし、平成16年から段階的に引き上げられてきたが平成29年9月を最後に引上げが終了

以降の厚生年金保険料率は、18.3%で固定された

(国民年金の保険料については平成29年4月に引上げが終了)

 

・都道府県ごとに保険料率は異なる

・協会けんぽ ➡ 標準報酬月額表

 

 

下記は埼玉県の標準報酬月額表↓

 

 

吉之介
健康保険と同様に、会社と従業員とで折半負担します!

固定の基本給や手当が変わらない限り1年間同じ保険料です。(毎月の給与額で保険料は変動しない・雇用保険と違うので注意)

毎年1回「算定基礎」手続きで、4.5.6月の給与を基に1年間の保険料が決定します☆

 

 

 

平成31年度介護保険料率

 

・毎年3月分(5月7日納付期限分)から変更

今年度は1.73%に変更

・協会けんぽは全国一律(健康保険組合は組合ごとに違う)

・協会けんぽ ➡ 標準報酬月額表

・健康保険の料率は変更が無くても、介護保険の料率だけが変更される場合があるので注意

 

 

下記は埼玉県の標準報酬月額表↓

※健康保険に加入している40歳から64歳までの人は、健康保険料と合わせて納める形になっている

 

 

吉之介
社会保険(健康保険・厚生年金)の保険料は、前月の保険料分を翌月の末日までに納めるので気を付けて下さい☆

従業員側で言うと、前月の保険料が翌月に控除される形となります。

もし4/1に入社した場合、翌月の5/25の給与から引かれる(25日払いの場合)ことになります。

(原則なので、入社月に引く会社もあります)

保険料の控除についてはまた別の機会に書きたいと思います☆

 

 

 




 

Follow me!